自治体広告・郵便局広告の株式会社郵宣協会

広告主の皆さま向けページ

フリーダイヤル:0120-993-622

株式会社郵宣協会|自治体広告・郵便局広告

公共広告媒体にはそれぞれの自治体及び地域に置いて広告掲載基準が定められています。その基準に準ずる企業のみの広告掲載となりますので、それ以外の企業・団体のお取り扱いはできません。

自治体広告/広告掲載基準の事例

次に掲げる広告主又は広告内容のものは取り扱わないものとする。

  1. 公の秩序又は善良な風俗に反するもの
    ア 広告する商品本来の使用目的から逸脱し、いたずらに享楽的な面を強調するもの
    イ 風紀上好ましくない表現のあるもの、風紀上好ましくない施設の広告及び風俗営業等の広告
    ウ 男女間の交際等を目的とした広告
    エ 脅迫、暴力その他犯罪行為を示唆し、又は誘発するおそれのあるもの
    オ 広告の目的が詐欺的なものと認められるもの又は正当な取引とは認められないもの
    カ 自己の優位性を強調するために他を中傷したり、引き合いにしたもの
    キ 利用者に広告内容を誤認させるような紛らわしい表現のもの
    ク 他人の名誉を傷つけるおそれのあるもの又は不快な印象を与えるもの
    ケ 表現が誇大で事実と異なるもの
    コ 広告内容が利用者に実害又は不利益を与えるおそれのあるもの
    サ 嫌悪感を抱かせるおそれのあるもの
  2. 法令の規定に違反するもの
  3. 業務の遂行に支障を及ぼすもの
  4. 信用又は品位を害するおそれのあるもの
  5. 個人の氏名を宣伝するおそれのあるもの
  6. 宗教、政治、経済、外交及び社会問題などの主義・主張のもの
  7. 非合法組織(暴力団等)、又はその関連企業、あるいは前身が該当する企業の広告
  8. その他、掲載する広告として適正でないと認めるもの

郵便局広告/広告掲載基準

掲出をすることができない広告について

◆主な掲出不可広告

局内ロビーに掲出される広告物は、来局する様々なお客さまがご覧になるため、不快感を持たれるようなものなどは内容を修正いただかない限り、掲出を承認することはできません。
以下の内容と判断される広告は掲出ができません。

  1. 公序良俗に反する広告
    →犯罪・暴力・ギャンブル・麻薬・風俗など射幸心を助長するような広告
    (例)公営競技の広告、麻雀店の広告(かけない麻雀も含む)、アダルトビデオ店、ソープランドなどの広告
  2. 郵便局の品位・信頼を損なう、または美観や環境を悪化させる広告
    →詐欺的なものや悪徳商法、加持祈祷などの広告等
    (例)壺を買うと病気が治るなどの広告
  3. 郵便・貯金・保険・カタログ通販等郵便局の業務と競合する広告
    →宅配業・銀行業・投資信託業・保険業・特産品・食材通信販売の広告(健康食品や弁当宅配可)
    (例)クレジットカード新規会員募集など(法人カード会員の募集は可)
  4. 虚偽または誇大な表現により誤解や誤認を与えるもの
    →事実と異なり、著しく優良・有利であるかのような表現のある広告
    (例)「世界一」「必ず1週間で10kg痩せられる」などの広告
  5. 郵便局の窓口業務に支障または不利益を及ぼすもの
    →事実と異なり、郵便局が特定の商品を推奨しているかのような広告
    (例)郵便局推奨など広告物に直接記載している広告
  6. その他会社が不適当と認めたもの
    →お客さまに不快感や恐怖感を与えるような内容の広告
    (例)肌の露出度の高い広告、墓石や祭壇が前面に出ている広告など
  7. 広告関連法規に接触する広告

■掲出不可と判断されている内容でお問い合わせの多いもの

・葬祭業者
ポスターやパンフレットの表紙に墓石や祭壇が大きくデザインされたものは不可
当社より指示した内容に修正いただければ掲出可能

・美容・エステ関連・健康食品類
高周波、電磁波及びメスの使用、レーザー治療、永久脱毛、永久アイシャドー等に該当する医療行為を行っている広告主は不可、またそのような治療をPRしている広告も不可
但し、医師・歯科免許を取得しているレーザー治療広告は可能
効果、効能をうたっている表現も不可(◯ヶ月で痩せる! ◯◯病が治る! ◯◯症状に効く! 等)

・整体・カイロプラクティックなど医業類似行為の広告
医療行為であるかのような誤認を与える表現や医学的な効果を得られるかのような表現は不可
施術効果について確実・断定的な表現や誤認期待を与える誇大な表現は不可

・日用食材に関する広告
弊社取扱いのカタログ通販の業務と競合する広告は取り扱いません

・冊子、フリーペーパー等での連合広告
1案件/1社であるべきところ、1案件/複数企業が集稿されている広告は取り扱いません
※商店街組合が発行する商店街の大売出し祭やキャンペーン告知などのチラシ及び大学、病院など同業種のみで構成されている冊子については内容確認後に判断させていただきます。

・最高・最大級・断定的表現
「最高」「最大」「第一位」「日本一」「チャンピオン」「業界初」「日本最大」「絶対に」「完全に」「永久」「確実」「万能」「NO.1」等の表現は原則不可ですが、事実だという根拠及び証明書があれば提出いただき、確認できれば掲出可能

このページの先頭へ